【大人ニキビが美肌に生まれ変わる!】化粧水で大人ニキビを解決

化粧水口コミ評価ランキング


悩みが尽きない大人ニキビ。

肌の調子が悪いとなんだか気分まで落ち込んできてしまいますよね。
そんな大人ニキビ、化粧水を変えるだけで解決するかもしれないのです。

化粧水の役割

まずは、基本的な化粧水の役割をおさらいしておきましょう。

洗顔後の肌に潤いを与え、キメを整えるのが化粧水です。洗顔後のお肌は皮脂が洗い流され角質が薄くなっているため、バリア機能が著しく低下している状態です。

そのまま放っておくとひどく乾燥してしまったり、外からの刺激を受けて肌荒れを起こしてしまうため、洗顔後はすぐに化粧水で水分を補い肌を安定させてあげる必要があるのです。

また、最初にしっかりと化粧水で肌を整えてあげることで、その後の美容液成分の浸透効果を飛躍的に高めることができます。

化粧水選びのポイント

では、ニキビ肌に効く化粧水とはどんなものを選んだら良いのでしょうか?

ニキビ肌だとどうしても皮脂を抑える「さっぱりタイプ」をおすすめされることが多いかもしれません。
しかし、何よりも本当に大切なのはしっかりと「保湿」をすることなのです。

間違えがちなニキビ肌のスキンケア、もう一度正しく学んでいきましょう!

1. 保湿成分

化粧水の本来の目的である「保湿」。これを怠るとニキビだけでなくすべての肌トラブルの原因となってしまいます。

クレンジングや洗顔で洗い流されてしまった角質層の保湿成分を補うことで、弱くなっているお肌を守ってくれる保湿成分の高いものを必ず選びましょう。化粧水に含まれる保湿成分としては以下のようなものがあります。

・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・グリセリン
・プロピレングリコール

これらの成分は、水分を吸着したり蓄える性質があるため、保湿剤として多くの化粧品に含まれています。

2. オイルフリー

ニキビの原因となるアクネ菌は油を餌にして繁殖します。

アクネ菌の栄養となるオイルの入っていない化粧水を選ぶことで、ニキビの発生やニキビが悪化するのを防ぐことができるため、オイルフリーの化粧水はニキビケアに効果的だと言えます。

さらに、石油系の界面活性剤を使用した化粧品は、肌のバリア機能を破壊するため、本来のターンオーバーを狂わせてしまいます。

3. アルコールフリー

ニキビ肌の人が選びがちなのは、「さっぱりタイプの化粧水」や「皮脂分泌を抑えるタイプ」「コットンなので皮脂を拭き取って使うタイプ」の化粧水などです。

しかし、実は極端に皮脂を取りすぎることはかえって逆効果になってしまいます。
そのような化粧水を使用し続けると、肌は油分が不足していると判断して過剰に皮脂を分泌するようになってしまうのです。

大人が思春期ニキビ用の化粧水を使うことや、ピーリングのし過ぎなども過剰な皮脂分泌につながります。

4. 消炎成分

ニキビとは、毛穴が詰まることで肌が炎症を起こしている状態です。したがって、おこってしまった炎症を抑えることと、それ以上悪化させないことが大切です。

ニキビの炎症に効果的な代表的な消炎成分には、「グリチルリチン酸ジカリウム」や「サリチル酸」などがあります。

グリチルリチン酸ジカリウムは、甘草という植物から抽出される天然由来の成分であり肌への刺激が少ないため、皮膚科などでも広く処方されています。

サリチル酸は、殺菌効果だけでなく古い角質を溶かして毛穴の詰まりを解消するピーリング作用があります。こちらは刺激が強目なため、初期段階の炎症の少ないニキビに効果的です。

まとめ

以上、ニキビ肌に効く良い成分と避けるべき悪い成分を見極めたうえで、自分にあった化粧水選びをしましょう。大人ニキビの悩みとはもうさようなら!

みんなにシェア!